HAPPY♪

☆パピヨンの男の子、ハッピーの日常☆
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケージ

ケージもハッピーを迎える2ヶ月も前に購入
留守番をケージの中でさせることを考えて、少し大きめのものを選びました。
外寸:61cm×128.5cm×65.5cm
内寸:56cm×126cm×65cm
トイレスペースはレギュラーサイズのトイレを置いていますが、
中の仕切りを移動してラージサイズのトイレを置くこともできます。
20150228215737f3e.jpg20150228215728aca.jpg


ケージの中でもトイレと別れていて、前面の扉も2カ所付いています。
中の仕切りは半分開けてトイレと自由に行き来させることも、閉めて使用することもできます。
我が家は今は閉めて使用し、外から出入りできるようにしています。

2015022821573346f.jpg

20150228215737ff5.jpg201502282158489dd.jpg


2カ所の扉を開けた所。我が家ではほとんどこの状態で、ハッピーが自由に出入りできるようにしています。
中にあるクレートはSサイズ。外出時はこのクレートをここから持って行きます

20150228215847a91.jpg


上から見た所。パピヨンは屋根がないとジャンプして飛び出してしまう可能性があると
アドバイスをうけ、屋根付きを選びました。
屋根にも扉が2カ所付いています。
パピーの頃は使っていましたが・・・・

20150228215850ada.jpg


今はこんな感じで物置場になっている為、扉の出番はありません

このケージの他にMサイズのクレートを同じ部屋に置いています。
今は留守番の時はケージではなく、Mサイズのクレートを使用しています。
何故そうなったかはまた後日・・・
スポンサーサイト
【 2015/02/28 】 お迎え準備 | TB(0) | CM(2)

クレート選び(サイズの選択)

ワンコが落ち着ける場所の確保と、災害時に役立つとのことで、クレートも用意しました。
丈夫なバリケンにしようとほぼ決まりかけていましたが、
結局最後に選んだのはリッチェルのキャンピングキャリー。
実物を見て扉の取り外しのしやすさや、上扉がついているetc.使いやすいと思い購入。
サイズはSとMでさんざん悩みました

一般的に中に入って楽にUターンができるサイズが最適だそうです。悩んでMを購入。
ブリーダーさんにもそのクレートを持ってお迎えに行きました。
でもやっぱり・・・小さいハッピーにはMサイズは大きかった
今でこそ3.7kgあるハッピーですが、お迎えの時は多分1kgくらいで、あまり大きくならないと
言われていたので・・・ 結局その後Sサイズも買いました

今はというと・・・両方とも役だっています。Sサイズは主に外出用、Mサイズは留守番用と使い分けています。

20150223150316ea2.jpg

201502231503198d2.jpg20150223150320106.jpg


1枚目がSサイズ。2枚目と3枚目がMサイズ。Sでお座りさせるのはちょっと無理でした
でもSサイズでもしっかりUターンはできます。

201502231503221cb.jpg20150223180050387.jpg


ハッピーは3.7kg、体高26.5cm、背丈32.0cm。
クレートの大きさはSが外寸:W31.5×D47×H28.5cm内寸:W28×D42.5×H25.5cm。
Mが外寸:W31.5×D47×H28.5cm
内寸:W28×D42.5×H25.5cm。

20150223151415ab7.jpg2015022315141663f.jpg


上扉を開けてみました。こんな感じ・・・
(クレートの中が囓られているのは見なかったことにして下さい(笑))
普段はマットを敷いて使用しています。

☆☆拍手へのコメントのお返事☆☆
れいままさん:拍手コメントありがとうございます
ハッピーは外ではほとんど吠えませんが、家では吠えます
お互い訓練頑張りましょう!
【 2015/02/23 】 お迎え準備 | TB(0) | CM(3)

こころのワクチン

ハッピーを迎えるにあたって、いろいろな本も参考にしました。
なかでもとても参考になったのがこの本です。

index.jpg
 

もみの木動物病院の獣医師さん、村田香織先生がまとめたもので、これから子犬を飼う方には
特にお勧めです 
甘咬み対処法からトイレやクレートのトレーニング、社会化の必要性など丁寧に説明されています。

ハッピーはこの本に書いてあるように子犬の頃から抱っこで散歩し、
可愛いワンちゃんね~と声をかけてくれた人はもちろん、友達に会ったら
「今人に慣らす練習をしているところなので、良かったらエサをあげてくれませんか?」と
お願いして持ち歩いているフードをあげてもらっていました。
その結果、今はフレンドリーな性格になっていると思います

20150220151010478.jpg


もちろん全てこの本通りにできている訳ではないですが
食事の与え方もこの本を読んで良かったと思いました。
今でも時々読み返して参考にしています。

【 2015/02/20 】 お迎え準備 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。